FC2ブログ

 

酒屋の2階を間借しする場合は「ワインハウス」 川が近くを流れていれば「リバーサイド・コーポ」 経営者が花屋の場合「フラワー・マンション」
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

新築中のマンションを仕様変更したいなら。


新築マンションにおいて、自分の希望する条件にあと一歩という物件がある。子供のアレルギーが心配なので、カーペツト敷きをフローリングにして欲しい、将来は親を引き取るつもりなので、バリアフリーにして欲しい、等の具合である。もし特別仕様に変更してくれるなら購入したいという「あと一歩物件」について、モデルルームに居る営業マンに仕様変更の詳細を聞いても無駄、彼らにはその権限がないからである。

そのような仕様変更は、もっと上層部の判断になるのが通常、現場の工事関係者に手聞がかかる作業のため、工事責任者の判断が最優先されるのが一般的。そこで、工事現場の所長に会わせてもらい、変更が可能か尋ねてみるのがよい。もし施工業者がOKしてくれれば、販売会社も従う可能性が高い。

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)




マンションの間取り:面積だけでなく「体積」も考えることが重要。



マンションを購入する場合、床面積等の「広さ」に目を奪われがち。しかし快適に暮らすには、平面的な広さばかりでなく、空間の広さである「体積」も重要。マンションを購入するなら、面積はもちろんのこと、天井の高さも意識し体積としての広さも大切。
(参考)中古マンションから賃貸マンションへ

どんなに広くても、高さが十分で無い空間は、圧迫感があるので快適ではない。特に古いマンションの場合、天井が低い物件もあるので、チェックが必要、最低でも高さは230cmくらいは欲しい。

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

yseo4tg

Author:yseo4tg
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 おひとりさマンション, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。