酒屋の2階を間借しする場合は「ワインハウス」 川が近くを流れていれば「リバーサイド・コーポ」 経営者が花屋の場合「フラワー・マンション」
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

マンションの耐用年数は。
一般的にマンションの耐用年数はメンテナンスが鍵と言われる。
コンクリート造りの場合、設計上は100年以上住むことが可能と言われる。
しかし現実的には、コンクリートの劣化にて耐用年数は大きく減少する。
建物の保ちはコンクリートの劣化の程度で決まると考えてよい。
メンテナンスを怠って、適切な時期に補修や改修をしないと、重大な構造破壊が発生するリスクがあることに注意しておきたい。

構造破壊が発生する理由は、コンクリートの骨として鉄骨や鉄筋が使用されており、酸化して腐食するからである。

コンクリートは通気性が高く、水や空気を通す働きがある。
そのためコンクリートの中にある鉄骨や鉄筋に水と酸素が触れ、酸化して腐食(錆の発生)しやすいと言える。
鉄骨や鉄筋の腐食がコンクリート内部で発生すると、その部分が膨張してコンクリートに亀裂を生じさせ構造破壊が起こる。

コンクリートのメンテナンスとしては、亀裂が軽微なうちに適切な修繕を行う方法が一般的。
メンテナンスの行き届いたマンションは100年以上の耐用が可能とも言われる。
メンテナンスが不十分であるマンションは、早いものでは10年程度で破壊や崩壊がはじまることが多い。
特に、屋上など雨水が直接当たるコンクリートは、しっかりした防水方法が必要で、アスファルト防水という方法を一般的には使用される。
小規模のマンションやコストを抑えた対応としては、比較的耐用年数の短いシート防水や簡単な吹きつけ防水が行われることも多い。

この方式の場合には、2~3年程度での改修工事が必要と考えた方がよい。
改修工事の期間を延ばすと、雨漏りや構造破壊などの重大なトラブルになる恐れがあるので、マンション購入の際には、営業マンに長期修繕計画とメンテナンスの予定を必ず確認するのがよい。

ホームズの中古マンション購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


RC・SRC構造の違いについて。
マンションの構造を表すもので、RCは鉄筋コンクリート造り、SRCは鉄骨鉄筋コンクリート造りというのがある。

マンションの購入の際には、マンションの規模と強度のバランスを知識として知っておくのがよい。
マンション物件の広告やパンフレットで、RC構造やSRC構造等の表記を多く目にする。

一般的には高さが20mを越えるような建物の場合はSRC構造で、それ以下はRC構造と考えてよい。
SRC構造はコンクリートの中心に「H鋼」と呼ばれている強固な鉄骨が入っているのが特徴。
その鉄骨の周囲を鉄筋が囲むように作られる。
このSRC構造のマンションは、構造面の信頼性がかなり高い部類となる。
逆に、RC構造は中央の鉄骨がないために、強度的にはSRC構造よりも劣る。
7階(約20m程度)以下のマンションで使用される。

更に、超高層マンションでは、CFT構造が使用される。
CFT構造とはコンクリート充填鋼管を使用した構造で、軽量でありながら強い構造となるのが特徴。


高級マンションと安心して住めるマンションの違い

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

yseo4tg

Author:yseo4tg
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 おひとりさマンション, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。