酒屋の2階を間借しする場合は「ワインハウス」 川が近くを流れていれば「リバーサイド・コーポ」 経営者が花屋の場合「フラワー・マンション」
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

廊下やベランダは大切な避難路。
マンションの廊下やベランダは共有部分となっている。
つまり自分のものを勝手においてはいけない場所となる。
災害時の重要な避難経路になっているため、管理組合から指摘される可能性が高い。
通行のじゃまにならない、と個人的に判断しておくことの無いようにしたい。
室内の収納スペースに収まりきらない物は、ベランダやバルコニーに置いている人は注意が必要。

ベランダに物を置こうと思っている人は、室内で収納できるようにスペースを考えて部屋を選ぶ必要がある。


大規模マンションのチラシ「駅徒歩○分」に注意

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


マンション選びの第一歩は情報収集と言える。
週末など限られた時間しか物件探しに割り当てれられない場合が多い。

希望にある物件を効率よく探すためには、情報収集の方法を吟味する必要がある。
情報収集のポイントについて、いくつか上げてみる。

◆新聞の折込チラシでの情報収集。
一番手軽な方法としては、新聞の折り込みチラシや広告を利用することである。
新聞には毎日のように無料でチラシが送られてくる。
中古マンションの情報が戦っている仲介会社のチラシの場合、一社でたくさんの物件情報が出ているし、新築マンションでは一つの物件の情報がかなり詳しく記減されています。
無料で情報が手に入るお手軽さがある一方で、都合のよい情報しか出していない点に注意が必要。

◆物件情報誌での情報収集。
物件情報を一冊にまとめた情報誌にも無料のものがある。
書店に置いてあるものは有料である。
情報誌のメリットは、一冊で広い地域の情報を入手することができる点である。
新聞の折込チラシの場合、物件の範囲は限られている、情報誌の方が広い範囲の物件をカバーできているといえる。
現在住んでいるエリア以外で物件を探す場合には、情報誌の方がよい。
情報誌で注意したい点は、中古マンションの場合、印刷や流通の関係で、本が出た時点では既に「売却済み」となっている場合がある。
また、地域を限定する人には、情報量が若干少ないのもデメリットと言える。

◆インターネットでの情報収集。
最近よく利用されるのが、インターネットによる情報収集である。
大手の分譲会社や仲介会社がホームページを開設して、物件情報を提供する場合が多い。
インターネットでのメリットは、メールで不動産会社とやりとりできること。
電話や訪問がわずらわしいと考える人には、便利なツールと言える。
しかし、全ての会社がネットを活用するわけではない点と情報の信憑性に不安が残る場合があるので注意しておきたい。

◆モデルルームでの情報収集。
やはり手っ取り早いのは、不動産会社やモデルルームに直接足を運ぶことである。
そこには営業マンがいるので、わからないことや相談ごとを聞くことができる。
その場で対応してもらえる点と、物件を自分の目で見れることが上記3つには無いメリットと言える。
しかし営業マンにては、扱っているマンションを強引に売り込みをされる場合があるので、そこは注意した方がよい。

【山形 新築 マンション】 山形の一覧(1ページ目) | ホームズの中古マンション購入


この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

yseo4tg

Author:yseo4tg
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 おひとりさマンション, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。