酒屋の2階を間借しする場合は「ワインハウス」 川が近くを流れていれば「リバーサイド・コーポ」 経営者が花屋の場合「フラワー・マンション」
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

小規模マンションは長期修繕計画が決め手。
マンションのメンテナンスにて、快適に長く住めるかが決まるといってよい。
そのために、日常的に補修できないような外壁塗装や配管の調査や不具合箇所の改修、屋上防水工事は、10年くらいのサイクル大規模に修繕をした方がよい。
この際に心配となるのは費用である・改修は大掛かりな作業となるために、経費も膨大になる。


10階建て100世帯程度のマンションで、防水工事の費用は500万円程度になる。
その他の修繕費用全体をあわせると、平均で1000万円を超えると思われる。
この費用は、基本的には、入居時の一時払いと毎月の修繕積立金にてまかなう。
修繕時には個人負担が無いのが一般的である。

しかし、マンションにては、修繕時期までに積み立ての修繕金が十分に無い場合がある。
予定入居者数に満たなかったマンションや、50世帯以下の小規模マンションで多く発生する。
その場合、工事前に臨時総会を開いて、各住戸に負担金の拠出を求めることになる。
住宅ローンと積み立て修繕金を払った上に、追加での負担は住民としては痛い。
しかし、どうしても資金が不足する状態の場合には、修繕を見送ることにならざるを得ない。
積立金以外の出費を要求されないように、特に50世帯以下の小規模マンションを購入する場合には、修繕積立計画の十分な説明を受け、不足時の対応をどうするのか、販売会社に確認しておくのがよい。


一戸建て購入者の法則。都心から70キロを超えると校則が厳しくなる

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


乾燥機置き場がない。
マンションには、かぎられたスペースを有効活用するための工夫が沢山ある。

しかし乾燥機を設置するスペースのあるマンションは少ない場合が多い。
特に高級マンションの上層階は、ベランダの風当たりが強い。
そのために洗濯物を外に干せないことが多い。
注意が必要。
代替としてそのために、浴室乾燥の機能が付けられている場合が多いが、こちらも少なからず難点がある。
浴室のカビも防げるといわれている浴室乾燥機能であるが、本来の機能である洗濯物の乾燥にはかなりの時間が必要となる。
浴室のサイズなどの条件にもよるが、平均的な4人家族の1回分の洗濯物を乾燥させるのに約4時間ほど必要。
洗濯物専門の乾燥機の方が作業は早くなる。
しかしこのような浴室乾燥機能があるのが前提となっているマンションの場合、乾燥機の設置スペースまでは考慮されていないのがほとんどである。
やはり、洗濯物専用の乾燥機を利用したい場合には、浴室乾燥機能の確認とともに、洗濯機スペースに乾燥機を併設できるスペースがあるかの確認をしておいた方がよい。

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

yseo4tg

Author:yseo4tg
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 おひとりさマンション, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。