酒屋の2階を間借しする場合は「ワインハウス」 川が近くを流れていれば「リバーサイド・コーポ」 経営者が花屋の場合「フラワー・マンション」
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 

新築がいいのか、中古がいいのか。
マンション、戸建のどちらを購入するのか、というのを決めても次に「新築」と「中古」はどちらがいいのか?という判断が必要になる。
中古と新築では、物件の探し方が大きくことなるので、初めに決めておくのが大切。
中古・新築それぞれのメリットとデメリットを確認することで、判断材料としたい。
新築物件について、なんといっても新しいことがメリットといえる。
日本人は新し物好きである。
モデルルームでピカピカの部屋を欲しくなる気持ちは誰にでもある。
更に新築の場合には、キッチンや浴室などの設備も最新であることが多い。
最新であるために、使い勝手もよいことが期待できる。
しかしデメリットもある。
新築は中古に比べて価格が高い。


つまり同じ値段だったら、一つグレードの高い中古の物件を手に入れることも可能となる。
更に、自分が買いたいエリアで、必ず新築マンションが販売されているとは限らない。
また、建物が未完成の場合、実物を見る前に契約を決めないといけない&そのマンションの管理の状態も把握できない。
更に、子どもがアレルギーがある場合には、新築病(シックハウス)の心配もしないといけない。
その一方で、中古なら新築よりも安く買うことができる上に、実物を確認しながら選ぶことができる。
また、そのマンションの管理状況も既に住んでいる人に確認すりことができる。
更に、よほど郊外でないなら、たいてい街にいくつかの物件があるので、比較的多くの物件を比較することができる。
もちろん中古物件にもデメリットは存在する、最大の欠点としては建物の古さがある。
設備が時代遅れであることや、メンテナンスにお金がかかる場合がある。
また、住宅ローンの返済期間が短くなって負担が重くなることも考慮する必要がある。
つまり、新築には新築の良さが、中古には中古の良さがあるといえる。
まだ新築か中古かを決めかねている場合には、固定観念を持たずに、中古や新築に目を向けてみるのも大切なことである。
中古の場合には、意外と希望通りのマンションが安く買える場合があるかもしれない。

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


意外と使いにくい羊雲型。
玄関の左右に個室を配置し、中央の廊下をリビングへと進む途中に洗面・浴室やトイレを配置する。


そしてリビングに入ると左右どちらかにキッチンとダイニングスペース、反対側に和室があるという間取りは、マンションの最も基本的なパターンで「羊雲型」といわれる。
いちばんクセがなくて使いやすい間取りだとされているが、「羊雲型」は設計する側が一番悩まずに作れるタイプなだけである。
決してユーザーの使い勝手がよいのではない。
子どもを持つ家庭の場合、子どもの個室は日当たりの悪い玄関側の部屋となる。
リビングと個室との間には人の気配を分断する水回りがあり、また、子どもが帰宅したことをリビングからは認知できない。
つまり家族の一体感が希薄になりやすいという欠点が顕著と言える。
子どもがいない家庭の場合には、この玄関横の個室は書斎や趣味部屋になる場合が多い。
しかし、昼間でも電気が必要で経済的によくない。
更に、玄関が暗い上に、来客が家族の共有スペースを通らないとリビングに入れないのも欠点と言える。
中古マンション購入:儲け第一主義のオーナーの見分け方

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)
スポンサーサイト
 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

yseo4tg

Author:yseo4tg
FC2ブログへようこそ!

この人とブロともになる

QR

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2018 おひとりさマンション, all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。